読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lumilinna

今日も、気ままに フィンランドから

遅ればせながらの「母の日」レポート

先週、いや先々週末日曜日は、母の日でしたね、ハハ、ハ。。。

なんて笑ってごまかすには、遅すぎレポートなんですけどね。

 

日本同様、フィンランドでも母の日は各家庭で結構盛大にお祝いしますね。

朝、母が目覚めると、ベッドには朝食が運ばれ、

起きてくると、プレゼントとお花が待っている。

ランチ、あるいはブランチはあらかじめ予約したレストランで、

なんてのが最も一般的でしょうか。

小さな子どもがいる家庭では、子どもが一生懸命書いたカードや母の似顔絵なんてのを母にプレゼントしたり。

離れて住む母には、お花とカードを贈ったり。

この辺は日本と同じでしょうか。

一つ違うのは、母の日の花は「カーネーション」ではない。

そもそもフィンランドではあまりカーネーションの花を見る機会がないように思います。

フィンランドで、母の日の花といえば、まず「バラの花」、特に鉢植えのバラを贈ることが多いようです。

次に続くのが、「ラン」、他には「ブーゲンビリア」「カラー」「あじさい」などなど。すぐに枯れてしまう切り花より、花が長持ちする鉢植えを選ぶ傾向があるようです。*1

また、レストランなどでは、女性客にバラ一輪や、レストランのクーポン券をプレゼントするところも多いですね。

 

そうそう、毎年30〜40名の「頑張ったお母さんたち」には、フィンランド大統領が「母の日勲章」を贈って讃えるのも恒例になっています。

 

さてさて、今年の我が家の母の日ですが、こんな贈り物が!

 

アラビアムーミンマグ「Håll Sverige Rent(Keep Sweden Clean)」

スウェーデン国内でのみ(フィンランドでも通販では購入できるようですが)販売しているアラビアのムーミンマグ。「Håll Sverige Rent(Keep Sweden Clean)」キャンペーン用のスペシャルマグだそうです。2015年の母の日のいい記念になります。

 

ところで、フィンランドの「父の日」は6月ではなく11月の第二日曜日。

なんで?なぜでしょう?

気が向いたらリサーチでもしてみましょうかね。

© 2017 Lumilinna All rights reserved.