読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lumilinna

今日も、気ままに フィンランドから

気を取り直し、またまた「ぶらぶら街歩きウインドゥショッピング」

さてさて、昨日の敗戦による脱力感から復活するためにも、この辺でひとつ元気がでる秘策その一、しょ〜っぴんぐ〜!

 

ということで、またまた、ぶらぶら街歩き中に見つけたショッピング情報を。写真満載でいきます。

 

最初の写真は街で見かけた気になる広告塔。

いつぞや、クリスマスの時期に一度ご紹介した、フィンランドの清涼飲料ブランド、「JAFFA」のこの春の新商品の広告がちょっぴりレトロでかわゆい、という話題。

ピンクのチュチュとバレリーナレッグがバレエ好きの心をくすぐります。今度買ってみなくちゃ。

JAFFA_Spring2015_pinku tutu

 

 

Stockmannデパートの食器コーナーで見かけた、イタリアのブランド「Alessi」。ユニーク、かつポップなデザインで知られています。直線的、機能的な食器が多いフィンランド製に囲まれ、優雅な曲線で異彩を放っていたもの。洗練された流線型は美しいですね。白磁を思わせる光沢のある白と、磁器のような薄手ボディが東洋風な香りを引き出しています。

Shopping_Alessi@Stockmann

 

Iittalaのアウトレットショップにやってきました。アウトレットショップではB級品やシーズンオフなどの商品を割安価格で販売。ガラスジャーはキッチン用品かと思いきや、ボタンなどの手芸用品保管用にも使える、という。この日はグレイのジャーが通常の半値10ユーロのお手頃価格でした。このジャー、我が家にも一つあるのですが、密封性が高く、液漏れしにくい優れもの。色も綺麗なので、できれば色違い、サイズ違いで揃えたいものの、何ぶんお値段が。。。

Shopping_Iittala outlet

 

そして、この日は少々散財。でもね、手前左のアイスクリームスクーパーやストレイナーが3ユーロなんですよ。Arabia Kokoのブルーベリー色のプレートだって5ユーロ。しかも廃盤品。この春新しいデザインが登場し、多分これから廃盤になるんだろうミィちゃんの黄色いマグカップだって10ユーロ、去年の冬のシーズンものだった「Kimara」というマグカップが5ユーロ、和風キッチンタオルだって5ユーロ、「Sarjaton」というシリーズのグラスだって一つ5ユーロ。加えてフィンランドではめずらしいショップ名入りバッグ付き。自宅用、次回帰国時のお土産用など、結構お得なお買い物だったのではないかと。。。

Shopping_Iittala outlet_purchased

 

そして、いつか買いたいフィンランドの最高級羽毛商品ブランド「Joutsen」の羽毛布団。この羽毛800g入り(ダウン90%、羽毛10%)はふっかふっか。「Extra warm」という表示がある通り、見るからに暖かそう。他にも、夏用の200g、春、秋用の400g等々、時期や用途に合わせて選べるようセレクションが多いので、買うんだったら予習をしてからがお勧め。店員さん曰く、薄手を2枚買って、夏場は1枚で、冬場は2枚重ねが便利、とのこと。ちなみにこの800g入りは359ユーロ也。

Shopping_Joutsen untuvapeite@Stockmann

 

そして、やってきましたMarimekkoショップ。今年の春は、今まで以上にバッグの新商品が多く、様々な色合いのウニッコはじめ、キャンバス地ではない(サテン地あるいはコットンだったか?)ショルダーバッグやハンドバッグが出ています。この日は「Ystämämyynti(フレンドセール)」と称するセール実施中だったこともあり、このバッグも80ユーロぐらいだったでしょうか。(うろ覚え。。。)

Shopping_Marimekko laukku_spring2015

この下の写真にあるのは、ちょっぴり大正ロマンの香りが漂う、縮緬風生地を用いたワンピース。ローウエストで切り替えたギャザースカートが「大人可愛い」を演出。しかし、お値段も堂々の259ユーロ。これは次回セールまで売れ残ってることを期待して待つしかない。フィンランドでもMarimekkoのドレスは若い女性にとっては高嶺の花。購入層は金銭的に余裕のある一定年齢以上の女性が多いように思うのですがね。

Shopping_Marimekko mekko_spring2015

 

とまあ、今回はこの辺で。次回はそろそろ春本番?というタンペレの街並を含め、フリーマーケットあたりをぶらぶら歩いてみましょうか。

© 2017 Lumilinna All rights reserved.