読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lumilinna

今日も、気ままに フィンランドから

早春賦 2015

先週の土曜日3月21日は「春分の日」でしたね。

 

極北の地の長く暗い冬も終わりを告げ、この日を境にどんどん日が延びていきます。

ちなみに、春分の日の翌日3月22日の日の出、日の入りの時間は、というと、

春分の日の日の出日の入り

日の出6:16、日の入り18:38、昼と夜の時間、確かにほぼ半々ですね。

さて、冬至の日はどうだったかというと、

日の出9:36、日の入り15:01、昼の時間は約5時間半。(参照:過去記事 「フィンランドの冬至」lumilinna.hatenablog.com

 

つまり、冬至から春分の日まで、たった3ヶ月で6時間半も日が延びたことになります。

そして夏至の頃には、昼の時間が約20時間(日の出3:42、日の入り23:11*1と、これから3ヶ月でさらに8時間延びることになります。これから延び具合が加速しますねー。

 

春分の候、日本からは桜開花のニュースが聞こえてきました。

フィンランドではまだ早春。先日、春の風物詩、南の国から戻ってきた白鳥が湖に降り立ちました。

湖に降り立つ白鳥

今日は、解け始めた湖の氷の上で、優雅に佇む姿が。

解け始めた氷の上で佇む白鳥

暖かくなった、と思うと、また寒くなり、今朝も外はうっすらと雪化粧。早春ってそんなもんですよね。それでも春は間近です。

ふと、小学唱歌「早春賦」を思い出しました。

© 2017 Lumilinna All rights reserved.