読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lumilinna

今日も、気ままに フィンランドから

Joulumyyjäiset|Christmas Bazaar

Seasons Christmas Finland
クリスマスバザー

毎年この時期になると、フィンランド各地で開催されるクリスマスバザー。目的は、慈善団体の寄付金集めだったり、地元のスポーツチームの資金集めだったりと様々ですが、大概は手作りの小物、パンやジャムなどの保存食を販売しています。

先週末に行ったのは、毎年恒例の地元新聞社主催で、この地区最大のもの。暗い時期が長いフィンランド、秋冬の夜長に手仕事をする人が多いようで、編み物、縫い物、織物、ガラス工芸に陶芸、と様々なハンディクラフトがところ狭しとテーブルに並んでいます。

ひやかしのつもりだったのですが、手作りのネコのおもちゃがかわゆいのです。加えて、おしゃれな「heijastin(リフレクター)」を見ると、血の気が騒ぐ性分ゆえ*1、黒いレースが粋なheijastinバッジがコレクションに加わりました。小指にはめるピンクッションと、主催新聞社のロゴ入りラッピングペーパー(古新聞をコラージュし、クリスマスカラーのイラストを加えたグッドデザイン)をもらって、ちょっとテンション高め。

また、バザーの一環で、使われなくなった舞台衣装も破格値で販売。ヴィンテージはじめ、コスチュームドレスには目がないわたくし、ここでも、鹿鳴館時代風のドレスをお買い上げ。でも、これで10ユーロ。帰り際に再度覗いたら、残ったドレスの値段がさらに半額になっていました。

そうそう、このバザー会場ですが、以前お知らせした新ムーミン谷美術館の移転先となる場所なのです。*2

来年あたりから改修工事に入るはずなので、クリスマスバザーがここで開かれるのも今回が最後かもしれません。

Joulumyyjäiset

さらには、この日はこの冬2度目の本格的な積雪。久々に踏みしめる雪は、、、びちゃびちゃでした。(^^)

我が家のにゃんこは、「お外がいつもとちがうのにゃ」と興味津々。

雪が積もると、一気に景色が明るくなります。同時に何となく気分も晴れ晴れ。真っ白な雪を背景に、ななかまどの実の赤が映えます。

今年2度目の積雪

そして、これはおまけ。先のバザーで買ったお土産で遊ぶにゃんこ。ちょうどいい具合に、お顔が動いてしまったので、まるでプリクラで撮ったような、ぱっちりおめめになりました(^^;)

にゃんことおもちゃ

*1:「heijastin」についての過去記事はこちら。「Heijastin」のすすめ - Lumilinna

*2:過去記事はこちら。フィンランドといえば、これ、という話題 - Lumilinna

© 2017 Lumilinna All rights reserved.